2016年3月入社 Y.T

特技は〈笑顔のような声〉です!

Y.T
2016年3月入社
名城大学
所属部署:納骨堂販売
納骨堂の販売や契約書類の処理、法要の立会いなど

現在のお仕事について教えてください

納骨堂の販売に関係する業務全般を担当しています。具体的には、納骨堂で営まれる法要の準備や僧侶の方のお手伝い、納骨壇の案内・販売、お参りや萬松寺が経営する駐車場の駐車券発行などの総合受付、そして書類の処理やその他の事務などです。

多岐にわたる仕事の進め方を、先輩社員やお坊様から教わりながら日々勤務しています。

当社を志望した動機や入社を決めた理由はなんですか?

不動産業の求人を探している最中に、『寺』の文字が目に飛び込んできて「これは!」と思い、応募を決めました。元々、寺院など歴史や文化にまつわる場所に強い興味を持っていたことが志望の大きなきっかけになったと、今になっては思います。似た条件の他社の内定も出ていましたが、決め手はやはり「お寺で働くって、どういうことだろう?」という好奇心でした。結果今では、他に志望していた会社ではきっとできなかったであろう、刺激的な社会人生活を送っています。

仕事をするにあたって心掛けていることは何ですか?

どんなに些細なことでも、なるべくミスをしないよう心を配るようにしています。お客様と関わる仕事である以上、失敗は自分が注意されるだけのものではなくお客様に迷惑をかけてしまうことに繋がるからです。また、これまで法要や仏教行事に関してほとんど縁のない暮らしを送ってきたので、手順や道具についてはまだ先輩や僧侶の方から教えてもらわなければならないことばかりです。なので、知識のない物事に関しては『なぜ、なんのためにこうするのか』という理由を考えることを、いつも忘れないようにしています。

今まで仕事をやってきた中で、特に印象に残っているエピソードや嬉しかったことは何ですか?

まだまだ未熟な部分ばかりでいいことも悪いこともこれからといったところだとは思いますが、それでも準備や進行に携わった法要などで、お客様から「ありがとう」、「これからもよろしく」といった言葉をかけていただけると、「どうぞ、これからも僕にお任せください!」という誇らしい気持ちになり、自分に自信が持てます。

学生の皆さんにメッセージやアドバイスをお願いします

就活生の皆さんにお伝えしたいことは、まず第一に学生としての時間を大切に過ごしてほしいということです。一か月以上にも渡る長期のお休みがあるのが学生の特権。時間をかけてこそじっくり楽しむことができる旅行など、今やりたいこと・やれることを今一度考えてみてください。

そして、就職活動に臨むにあたって大切にしてほしいことは、『どうせやるなら面白い仕事がしたい!』という気持ちを忘れないでいてほしいということです。僕自身、萬松寺土地株式会社に応募したきっかけは「お寺に興味があったから」ですし、待遇面でよく似ていた第二志望の会社ではなくこちらを選んだのも(ここで萬松寺を選ばなければ、今後ずっと気になり続けるに違いない)と思ったからです。

一生の仕事との出会いとなるかもしれない、一度きりの学生としての就職活動です。どうぞ、好奇心と現実的な待遇の折り合いについてよく考えながら、楽しむ気持ちを忘れずに就職活動を進めてください。応援しています!

先輩の声トップへ